2016年から2018年にかけてリリースした未流通盤を次々と即完。着実にファン層を広げていく中、
2018年4月にリリースされたアルバム『祝祭』は、多くの著名人/リスナーの年間ベストアルバムに選ばれ、
さらにCDショップ大賞入賞作品に選出し、
2018年?2019年の日本のロックシーンの新しい流れを象徴する1枚としてロングセールスを継続している。
ここ数作を通じ活動を共にするG.林宏敏(ex.踊ってばかりの国)、Ba.本村拓磨(Gateballers)、Dr.Bob(HAPPY)と
作り上げたレイドバック・サウンド。日々の暮らしの中できらりと輝くお守りとなるような言葉たち。
鮮やかで、強くまっすぐな歌声。今の日本のシーンでは類を見ない感覚を持ったニュースタンダードになり得る。